無垢材の加工。

現在は I'm Flicka の造作をしています。

新建材や、べニアは一切使わず、無垢の杉板を使って製作しています。


木は生きている。

呼吸し、熱を遮り、音を吸い込み、ニンニク料理の臭いもすぐに吸い込む。

足触りや、暖かい色合いで心落ち着かせてくれる。


こんなにたくさんの良い点がありますが、

加工をする際には気を使わなくてはなりません。


木は反ります。木は収縮、膨張を繰り返します。

割れます。


釘やビス、接着剤などで固定すると、収縮に耐えきれず割れたり、膨張に耐えきれず浮いて外れてしまいます。


そこで昔の大工は知恵を使いました。

収縮の邪魔をしないが反りを止める方法

吸い付き蟻桟

TinyHouseJapan

床の間の大きな一枚板の裏や、テーブルの一枚板など無垢の木のそりを止める技法です。

桟を押さえつけながら打ち込んでゆきます。

TinyHouseJapan

その他には相欠き留め継

TinyHouseJapan

和室の造作仕事で覚えた仕事が役に立っています。

手間はかかりますが、居心地の良い空間を作りたいと思います。





最新記事

すべて表示

タイニーハウスを製作するためのスタッフを募集いたします。 経験、未経験問わず、物作りが好きな人、やってみたい人。 作業は毎日の事ですので地道な仕事ですが、 普通の大工仕事では体験できない幅の広い仕事です。 今の時代、半年先は闇ですが、仕事を身につけることが将来役に立つかもしれません。 私達はノーマスク、ノーワクで仕事をしています。 (危険なガスやほこりを吸い込みそうなときはマスクをしますが!) ま