無垢材の加工。

現在は I'm Flicka の造作をしています。

新建材や、べニアは一切使わず、無垢の杉板を使って製作しています。


木は生きている。

呼吸し、熱を遮り、音を吸い込み、ニンニク料理の臭いもすぐに吸い込む。

足触りや、暖かい色合いで心落ち着かせてくれる。


こんなにたくさんの良い点がありますが、

加工をする際には気を使わなくてはなりません。


木は反ります。木は収縮、膨張を繰り返します。

割れます。


釘やビス、接着剤などで固定すると、収縮に耐えきれず割れたり、膨張に耐えきれず浮いて外れてしまいます。


そこで昔の大工は知恵を使いました。

収縮の邪魔をしないが反りを止める方法

吸い付き蟻桟

TinyHouseJapan

床の間の大きな一枚板の裏や、テーブルの一枚板など無垢の木のそりを止める技法です。

桟を押さえつけながら打ち込んでゆきます。

TinyHouseJapan

その他には相欠き留め継

TinyHouseJapan

和室の造作仕事で覚えた仕事が役に立っています。

手間はかかりますが、居心地の良い空間を作りたいと思います。





Tiny House Japan

大分県中津市本耶馬渓町西谷376-1

080-6747-2178

tinyhousejapan@gmail.com

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Youtube

© 2020 TinyHouseJapan