オフグリッド生活に役立つ道具

2020年は激動の年になってきました。

世界では、緊急事態で外出禁止から始まり、今後はストレスから暴動なども起き、

経済も停止、電気や水道などのインフラも停止になる可能性もあります。

…などと不安を駆り立てるようなことを言っていてもいけないので、

何かを作り出すための、役に立ちそうな話をしましょう。


危機が訪れた時に、人として必要なものの一つは、火です。

煮炊きが出来て、暖をとることが出来れば、命を長らえることが可能になります。

日本には古来から煮炊きをするための道具として竈(かまど)があります。


以前、仕事で作った、パン窯兼用竈です。

石を土で固めて形を作ります。

その上に漆喰を塗って仕上げました。

この竈は煙突が無く、煙は前から出る方式です。

土仕上げの状態であれば、どこででも作ることが出来ます。

石を拾ってきて、土を練り、石を固めながら造形をするのですが、

火口の大きさと燃焼室の大きさ、形状などを考えて設計します。


次は、暖を取るための道具、暖炉です。

薪ストーブは鉄や鋳物、ステンレスで出来ており、

手作りは無理なので、ハンドメイドで出来る方法として、暖炉があります。

これも竈と同じく、土と石で作ったりレンガなどでも作ることができます。


トレーラーで使う時は特殊な材料を使いますが身近にある材料で作れます。


おまけとして、土窯の写真。

サンバーバンの荷台に乗せて走りながらピザやパンや、野菜を焼いたりしました。

表面も温かくなるので暖もとれます。(行儀が悪いですが (;^_^A )


かぼちゃを丸ごと焼いたりしました。

ほくほくして美味しい。


竈作りワークショップや、

暖炉作りワークショップなど

やりたいですね。

(オンラインでもできるかな?)


Tiny House Japan​ タイニーハウスジャパン

大分県中津市本耶馬渓町西谷376-1

080-6747-2178

tinyhousejapan@gmail.com

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Youtube

© 2020 TinyHouseJapan