年始のご挨拶

01日 1月 2020 あけましておめでとうございます。 初詣にパートナーのいとこ親子と行ってきました。 そのお母さんは認知症で普段は施設で暮らされています。 車いすで押してもらわないと行動できませんし、80歳を過ぎて体も不自由です。 昨年も初詣に行ったのですが、今年も相変わらず無事に参ることが出来ました。 今年は少し寒くお母さんが寒いというと息子さんは自分のダウンを脱いでお母さんに掛けてあげ、参拝してきました。 よくある光景なのかもしれませんが、とてもほのぼのしたひと時でした。 僕の母親も、パートナーの母親も他界しています。 後悔後に立たず、良い親子関係だなと胸が熱くなり、 しみじみと身近にいる人を大切にしなくてはと思いながら帰ってきました。 人生は短いといいますが、年を取るたびに体感は加速していきます。 一瞬で後悔することが起きる、昨年の繰り返しにならないよう、 地に足をついてよく考えて心を落ち着かせ行動できるようになりたいと思います。 今年の目的は 「先ず一番近くに居る人を大切にすること」 今日は大切なことを学びました。 本年もよろしくお願いいたします