I'm Flicka 製作中



I'm Flickaの横から見た形状は R で構成されていますが、

この形を作るには幅広い木を削りだし繋いでいくか、

大きいべニア板を切り抜くか、

木を曲げるしかありません。


軽量で、しなりのある構造にするには1本の木を曲げるのがベストです。

しかし、1本の木は円周状にはならず、まして、この太さの木を曲げることは出来ません。

ですから、薄い木を何層にも曲げながら張り合わせるという仕事になります。


I'm Flicka のフレームは薄い板を曲げながら重ねて1本に加工しています。

この太さの曲木でこの形状にすることは簡単ではないのです。


板を熱しておき、冷めないうちに一気にこの形に曲げる。

その繰り返し。

スピードが勝負です。


何十枚もの板をこの形に曲げながら重ねていくのは大変です。

緊張する仕事です。(因みにこの曲木をする工法は特許申請中です)


そして出来上がったフレームを削り、滑らかにし、

柱を取り付けると I'm Flicka の外観が見えてきます。


砥の粉を塗り、磨いて、塗装の下塗りをします。

両サイドの壁の骨組みが出来ました。














Tiny House Japan​ タイニーハウスジャパン

大分県中津市本耶馬渓町西谷376-1

080-6747-2178

tinyhousejapan@gmail.com

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Youtube

© 2020 TinyHouseJapan